明月院と紫陽花の魅力【鎌倉】

明月院

今回は鎌倉の明月院に出かけ
紫陽花と歴史を楽しむ散歩となります(過去話)

明月院

日本の初夏を象徴する風景の一つに鎌倉の古刹に咲く紫陽花があります。
特に明月院は、「あじさい寺」として知られ
毎年多くの訪問者を魅了しています。
神奈川県鎌倉市に位置するこの寺院は
平安時代後期に創建され臨済宗建長寺派に属しています。

明月院

明月院の紫陽花は、その数約2500株にも及び、
圧倒的な青色の美しさで「明月院ブルー」と称されています。
この青い紫陽花は、日本古来の品種であるヒメアジサイが主で、
控えめな大きさが境内の雰囲気と調和し、穏やかな感動を与えてくれます。

明月院

見頃は6月中旬から7月上旬、この青い海のような紫陽花を楽しむことができます。
特に6月の第2週が最も美しいとされていますが
季節や天候によって開花状況は変わりますので
事前に情報を確認することをお勧めします。

明月院

明月院を訪れる際は、拝観料が必要であり
6月は大人500円、小・中学生300円となっています。
また、拝観時間は通常9時から16時までですが
あじさいの時期は8時30分から17時までとなり
より長い時間紫陽花を楽しむことができます。

明月院

明月院の紫陽花は、ただ美しいだけでなく、
鎌倉の歴史や文化を感じさせる特別な存在です。
その静寂と美しさは、訪れる人々の心に深い印象を残し
日本の美を再認識させてくれました。

明月院


鎌倉の紫陽花を訪れることは日本の自然と文化の豊かさを
体験する絶好の機会です。
鎌倉への旅行を計画している方は
ぜひ明月院の紫陽花を見に行ってみてください。

明月院
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

つまけん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です